忍者ブログ

fhaweiorae

現代の考え方に当てはめれば食物・生活習慣・環境

現代の考え方に当てはめれば食物・生活習慣・環境

今でもそうですが、中医学では「補」と言う言葉をよく使います。不足しているものを補うと言う意味です。でも、精力をつけるために何を食べたらいいのかと言うことは世界共通のテーマのようで、例えばマカは南米の伝統食品です。

実際、マカには「健康な男性の性的欲求を改善する作用がある」というデータがそろっています。大事なのは「健康な男性」と言う部分で、そこに注目した話題はこの後で紹介します。

昔から精力剤・強壮剤として使われてきたものは数限りなくあります。その中にはイメージだけでそう扱われたものもあれば、実際に効果があったものもあると思われます。

しかし、シアリス 通販食品さえ正しく摂れば栄養素に不足することが少ない現在において、本当の意味で精力剤になると言うものは比較的少ないでしょう。

たとえば、動物性たんぱく質を摂ることが難しかった時代には、大抵の動物性食品は精力剤でしたし、薬食いと言う言葉に見られるように、日本では禁忌であった獣肉も薬用として食べられていました。

有名なところではイノシシです。上方古典落語の「池田の猪買い(ししかい)」に見られるように、イノシシは淋菌感染症(冷えやまい)の治療薬と考えられていました。

また、イノシシは「山鯨」と言う名前で、魚扱いして食べていたとも聞きます。今となってはクジラも哺乳類だと判っているので変な感じです。また、うさぎを鳥扱いして一羽二羽と数えて食べたのも、当時の動物性たんぱく摂取のための知恵だったのでしょう。

イノシシ肉に薬効成分は含まれていませんが、動物性たんぱくを摂ることが少なかった時代においては、イノシシの肉を食べると体が温まって元気になり、場合によっては免疫力が上がって病気が改善することもあったのでしょう。

もちろん、威哥王淋菌感染症は良い食べ物を食べたら自然治癒するということはありません。大昔のことですから、一時的に改善したのを治癒したと考えたのだと思われます。

現在では高級なジビエとして扱われることも多いですが、イノシシを家畜化した豚肉が安価に入手できるいま、タンパク源としての精力剤の役目はもうないと言って良いですね。

しかし、逆に見れば豚肉からビタミンB1やたんぱく質をしっかり摂ることが栄養を整えることになって、それがひいては精力増強につながると言えるでしょう。

特にお米を主食にする日本人は、その糖質をエネルギーとして使う際にビタミンB1は必須です。また、日本人には欠かせない香辛料である生姜には、脂肪や糖質を効率的にエネルギーに換えるジンゲロンとその還元型であるジンゲロールが含まれています。

つまり、豚肉の生姜焼き定食は、かなりの精力剤になりうる「普通の食事」なのです。もちろん、健康のために野菜も欠かさず食べて下さいね。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R